子供 近視 メガネ 作り方 度数

仮性近視の小学生のメガネを作る時の注意点 近視メガネの度

 

 

仮性近視と診断された場合、まずやることは
メガネを作ることではなく、目のストレッチで、筋肉の緊張を
といてあげることです。

 

ですが、

 

黒板の字が見えずらい

遠くのものが見えない

 

などの理由で、メガネが必要な場合もあります。

 

 

メガネの作り方の注意点

 

 

メガネをかけることによって近視が進んでしまう可能性がありますが、
作り方に注意することで、近視をなるべく進ませないようにすることが
できます。

 

 

ですので、メガネを作る時は次の点に注意してください。

 

眼科でしっかりはかってもらって、処方箋を書いてもらう
メガネ屋さんでメガネを作る時は、弱い度数でメガネを作ってもらう

 

 

 

あまり大きくは言えませんが、メガネ屋さんで
メガネを作ってもらうと、より度の強いレンズを
勧めるところもあるようです。

 

度の強いメガネをかけることによって、
近視の度が年々進み、毎年メガネを買い替える必要が
でてきます。つまりメガネの売り上げが上がるというわけです。

 

自分の視力は下がり、メガネ屋の利益は上がる・・・

 

 

事実、私も中学生の時にメガネをかけ始めましたが、
買ったばかりのころは、よく見えていたのにしばらくすると
メガネをしているのに見えにくいという状態になりました。

 

 

そしてメガネ屋さんに行くと、無料でレンズを交換できるから

 

「もうちょっと度の強いレンズに替えましょう」

 

というようにどんどんメガネの度が強くなっていき、
あっという間に0.1以下の視力になっていまいました。

 

 

ですので、メガネを作る時には眼科でしっかり処方箋を書いてもらう
か、メガネを作る時に、度を弱めて作ってもらうことをお勧めします。

 

 

メガネの使用で近視を進めたくない人は、
レンズの度を必要最低限で合わせてもらい、出来る限り
弱めで作ってください。

 

 

スポンサードリンク