仮性近視 目薬 副作用 ミドリン

仮性近視の目薬の副作用 眼科で処方されたミドリンM

眼科を受診して「仮性近視」と診断され、
その時に処方された目薬が

 

・ミドリン
・サンドール

 

 

この目薬をすると視力が回復する場合があるので
これでしばらく様子を見ましょうと言われました。

 

調剤薬局の薬剤師さんに聞いてみました。

 

 

 

この目薬の役目は、眼の筋肉の緊張をとるもの。疲れをとることは
できますが、目薬をしていれば視力回復するというものではありません。


 

仮性近視と診断されて処方される目薬は、眼の瞳孔を開かせるための
目薬で、筋弛緩剤なのです。
必ず寝る前に目薬を差すように言われるのも、そのためです。

 

さらに、この目薬はとても目にしみるようで、目が開けられないくらいの
痛さがあると子供が言っていました。

 

この目薬をすれば、近視が治ると思い込んで、毎日痛いのを我慢させて
欠かさずさしている方がいますが、この目薬には副作用もあることを
知ってください。

 

仮性近視で処方される目薬の副作用

 

主な副作用は

 

・目薬をしたときの刺激
・目がかすむ
・まぶしい
・眼圧が上がる
・充血・かゆみ
・全身のアレルギー症状

 

です。

 

さらに恐いのが、目薬を常用しすぎて、本来使うはずの毛様体筋が筋力を失ってしまい、
ますます視力が下がってしまう原因にもなります。

 

ですので、1週間程度さしてみて効果がないと感じたらすぐに目薬をやめてください。

 

でも、「眼科の先生に言われたから・・・」とダラダラ目薬を使用してしまうケースがあるので、

 

先生がすべて正しいわけではない。選択する権利はある

 

と割り切って、すぐに使用を中止してください。

 

スポンサードリンク