視力回復トレーニング 子供 効果

視力回復トレーニング 星や山をみる マジカルアイなど

雲霧法(うんむほう)

 

雲霧法は、屈折性の近視の場合、眼の緊張をほぐすときに
使われる方法です。

 

わざとピントが合わない凸レンズのテストレンズを装着して、
止まってしまった水晶体の屈折率を減らす方法。

 

やり方

遠視のメガネをかけて、15〜20分遠くをみる

 

 

遠方凝視訓練法

 

遠方凝視訓練法は、遠くにあるものを凝視する方法です。

 

やり方

・遠くの山を見る
・星を見る

 

遠くのものをみていれば目がよくなると言われたことが
ありますよね。

 

しかし、これも遠くの物がはっきり見えないくらい近視が
進んでいる人の場合、効果は期待できません。

 

この方法でトレーニングをする場合は、

 

はっきり見える距離の一番遠い位置のものを凝視する

 

のが効果のあるトレーニング方法です。

 

また、視力回復センターはこの遠方凝視訓練法を採用しています。

 

視力回復に効果はありますが、毎日30分のトレーニングと
効果がでるまでに時間がかかるので、視力回復センターに通う場合、
手間と経費がかかるというデメリットがあります。

 

 

輻輳解散法(ふくそうかいさんほう)

 

人差し指を目の前に出して、指を見つめて、指を近づけると
より目になりますよね。

 

より目になったことを輻輳(ふくそう)といい
目が離れたことを解散といいます。

 

 

輻輳の状態では、水晶体が厚くなり、
開さんの状態では、水晶体が薄くなってピントを合わせようとしています。

 

輻輳解散法は、
このように、輻輳解散によって、両目のバランスを整えることで
視力を回復させる方法です。

 

 

市販されているマジカルアイがこの方法を応用しています。

 

 

視力回復トレーニングの効果は、それほど高くなく、逆に
近くをより眼で凝視してしまうので、逆に筋肉が緊張して
ピンとフリーズを起こしてしまう可能性があるので、長時間やらないほうが
いいでしょう。

 

スポンサードリンク