子供 仮性近視 真性近視

近視の種類 仮性近視と真性近視

小学校から「検眼通知書」を持ち帰り、視力低下にショックを受けて
眼科を受診したら

 

「仮性近視」

 

と診断されたと思います。

 

では「仮性近視」とはどのような近視なのでしょうか。

 

仮性近視とは?

 

まず、簡単に眼のしくみを理解しましょう。

 

眼は、毛様体筋という筋肉が、伸びたり縮んだりすることで
水晶体の厚さを調節してピントを合わせています。

 

近くの物を見ているときは、毛様体筋が縮んで水晶体が厚くなった状態
遠くの物を見ているときは、毛様体筋がゆるんで水晶体が薄くなった状態

 

です。

 

この毛様体筋という筋肉が凝り固まって動かなくなると
当然ピント調整ができなくなるわけです。

 

この状態が

 

「仮性近視」

 

と言われるものです。

 

仮性近視は、一時的な眼の筋肉の調整機能が低下した
状態ですので、この筋肉をほぐしてあげるようなトレーニングを
すれば視力は回復してきます。

 

眼科で、ミドリンなどの弛緩目薬を処方されるのもそのためです。

 

仮性近視は真性近視になる一歩手前。

 

この時点で、メガネで視力の矯正をしてしまうと、
さらに自分の毛様体筋を使わなくなってしまうので
ますます視力が低下してきてしまいます。

 

メガネをかけた途端、視力がどんどん下がって
毎年メガネを買い替える

 

という経験がある目が悪い親御さんは多いと思います。

 

 

真性近視とは?

 

真性近視は、仮性近視が進行して、完全な近視の状態を
いいます。

 

毛様体筋が凝り固まった状態が続くと、水晶体も固定化された
ままになり、ピント調整機能が働かない状態になってしまいます。

 

真性近視の段階

 

真性近視には、屈折性近視と軸性近視があり、
後者の方が、強度の近視ということになります。

 

屈折性近視は、角膜の屈折度が強く、網膜上で
目から入る画像が結べない状態です。

 

軸性近視は、眼球が前後に伸びて、まるでラグビーボール
のような形になっているため、目から入る画像が網膜に届かず、
焦点が合わない状態です。

 

軸性近視がさらにひどくなると、網膜剥離や緑内障などの
ような、重い目の病気になってしまう可能性があるので、たかが
近視と軽視してはいけません。

 

私の場合、中学の頃に視力が低下しました。
0.4だったのですが、すぐにメガネで視力矯正され、
どんどん視力は下がり、毎年のように度の強いメガネに
買い替えていました。

 

そして、高校に入ってからは朝から晩までコンタクト。
コンタクト歴20年です。

 

今では強度の近視になり、

 

緑内障の疑いあり

 

で、定期的に眼科で視野検査などをして経過観察
しています。

 

今、考えれば、0.4と診断された時に、すぐにメガネに
しないで、視力回復トレーニングをしていればよかったと
後悔しています。とはいっても、あのころの私には、今のような
知識がなかったので仕方のないことですが。

 

このサイトをご覧になっているということは、
あなたのお子さんの視力が低下していて、

 

・メガネはまだかけさせたくない
・小学生の視力回復の方法が知りたい
・視力回復トレーニングでどれくらいあがるのか
・これ以上、視力が低下しないようにするにはどうすればいいのか

 

など悩んでいると思います。

 

仮性近視と診断されたのであれば、
すぐにでも視力回復トレーニングをすればもとの
視力に戻りますし、仮に真性近視に移行していたとしても
視力回復トレーニングをすれば、多少は戻るし、これ以上
視力低下しないようにする予防にもなります。

 

実際、強度近視の私が、息子と一緒に視力回復トレーニングを
して、視力回復してきています。

 

 

スポンサードリンク