子供 近視 眼科 視力回復

小学生の視力回復は眼科でできる?

 

小学生の子どもが、学校の視力検査の判定でDをもらって帰ってきた

最近、なんだか遠くの文字がみえずらくなってきた

 

ふとしたことで視力低下に気付くことがあります。視力低下の事実にショックを受けたでしょう。

 

しかしこの事実を見逃さずに気づいたことはとてもラッキーだととらえるべきです。
ここからすぐに行動を起こせば、間違いなく視力は回復します。

 

わが子は、小学校3年生の時、視力低下に気付き、すぐに眼科を受診しました。
診断結果は、仮性近視

 

以下、眼科の先生とのやり取りです。

 

 

 

今の状態は、視力が下がり始めた状態で「仮性近視」です。


 

 

 

視力回復トレーニングをしたら、視力は回復しますか?


 

 

 

視力回復ですか〜・・・
視力低下の原因は遺伝の可能性もあります。
お母さん、ひょっとして目が悪くないですか?
あとは、成長過程で眼球が後ろに引っ張られて視力低下している可能性もあります。


 

このように視力回復についての回答はもらえませんでした。
そして、ミドリンとサンドールという目の緊張をほぐす目薬を処方されました。

 

 

眼科は、目の病気を治す場所ですので、視力回復については教えてくれません。
せいぜい、ミドリンなどの目薬を処方されて様子をみるように言われるだけ。

 

この「様子をみる」という何もしていない状態が危険なのです。

 

何もしないまま、日々を過ごしていると、視力はどんどん低下
していきます。

 

そして、次の眼科検診の時には

 

 

そろそろメガネにしましょうか


 

 

という流れで、言われるがままメガネになってしまうケースが
ほとんどです。

 

 

ですので、眼科に頼るのはやめましょう。
仮性近視を絶対に放置しないでください。では何をすればいいのかをみていきましょう。

 

 

 

<参考>仮性近視とはどのような状態なのか

 

本当(真性)の近視ではなく、
目の調節の不具合による一時的な近視のことをいいます。

 

焦点(ピント)を合わせるには、
眼球の中のレンズ(水晶体)がふくらんだり伸びたりします。

 

このレンズを動かすための筋肉が毛様体筋です。
この毛様体筋が、凝り固まり緊張している状態が仮性近視です。

 

緊張した状態を長く続けていると、
仮性ではなく本当の近視(真性近視)になることがあります。

 

 

つまり、仮性近視は目の筋肉のコリ、緊張をほぐしてあげれば、
元の状態に戻すことができます。

 

逆に、何もせず放置すれば、
真性近視に移行して元の視力に戻すのが困難になってしまいます。

 

だからこそ、視力低下に気付いたら、
すぐにでも視力回復トレーニングを開始すれば、もとの視力に戻ることができます。

 

スポンサードリンク