子供 近視 視力検査 やり方 方法

小学校の視力検査のやり方について

小学生の子供の視力低下に気付くきっかけとして、
学校の視力検査があります。

 

小学校の入学前に行われる就学時健康診断や、
新学年に上がる4月に年1回視力検査が行われます。

 

この学校の視力検査で、視力低下に気付くケースがほとんど。

 

 

しかし、年1回しかない視力検査ですので、

 

・どのタイミングで視力が低下し始めたのか
・視力が低下し始めてどれくらいたつのか

 

など全くわかりません。

 

 

さらに、学校の視力検査は、A・B・C・Dの4段階の判定です。

 

学校でやる視力検査の方法は、スクリーニングという方法でやっています。

 

1.0以上 A判定
0.7から0.9 B判定
0.3から0.6 C判定
0.2以下 D判定

 

この表をみてわかるように、

 

B判定をもらっても、実際の視力まではわかりません。

 

例えば、C判定の検眼通知書をもらっても、
視力が0.3なのか、0.6なのかわからないんですね。

 

B判定だから安心、大丈夫って思っても
0.7なのか0.9なのかわかりませんので、一概に
視力が低下していないとは言えないことがわかると思います。

 

 

ですので、自宅に持ち帰った検眼通知書の結果に一喜一憂するのではなく、
一度自宅で実際に視力検査をしてみることをお勧めします。

 

スポンサードリンク