目にいい食べ物 ビタミン レシピ

目にいい食べ物と栄養素について

目にいい食べ物といえば、ブルーベリーやニンジンやうなぎが
思いつきますね。
それ以外にもたくさんの栄養素が目に良い食べ物としていわれているものが
あります。毎日の食事にうまく取り入れることで、近視の改善や予防に
つなげていきましょう。

 

ビタミンA ビタミンB1 ビタミンB2

 

視紅(明るさを感じる物質)になくてはならない。不足すると「夜盲症」になる。

 

レバー、うなぎ、卵黄、チーズ、海苔、しそ、パセリ、にんじん、春菊、わかめ、ほうれん草、モロヘイヤ

脚気予防や神経になくてはならないもの。

 

 

豚肉(モモ・ヒレ)、ロースハム、ベーコン、シイタケ、ゴマ、ぬか


目のエネルギー代謝を促進する。(網膜の視細胞の働きを高め、明暗順応を促進。ピント調節機能。瞳孔の光調節作用。)

 

海苔、わかめ、うなぎ、干しシイタケ、ハム、卵、チーズ、レバー

ビタミンC カルシウム 鉄分

コラーゲン生成、毛細血管、歯、結合組織を丈夫にする。疲労回復、血管強化作用。鉄分吸収に必須。

 

ブロッコリー、ほうれん草、ピーマン、小松菜、レンコン、あさつき、さつまいも、じゃがいも、グレープフルーツ、いちご、パセリ

 

骨、歯などの組織をつくる。血液をアルカリ性にする。

 

 

小魚、牛乳、ヨーグルト、チーズ

欠乏すると貧血、疲れやすく忘れっぽくなる。

 

 

ひじき、のり、ごま、レバー、煮干し、卵

DHA アントシアニン ルテイン

網膜と視神経の脂肪酸の50%〜60%近くを占め、情報伝達に重要。

 

 

まぐろ、さば、いわし、さんま

眼の網膜に存在し、視覚にかかわる成分であるロドプシン再合成を促し、疲れ目の予防や改善に効果がある。

 

ブルーベリー、カシス

目に入ってくる紫外線を吸収し、高い抗酸化力で網膜の酸化を防ぎ、眼球にある毛細血管の血流を促進、血液の状態をよくする

 

マリーゴールド

 

ビタミンAが極端に不足すると

「角膜軟化症(角膜が溶けてしまう病気)」や「角膜乾燥症(ドライアイ)」になってしまう。
ビタミンAは目を活性化させるために絶対必要。

 

 

ビタミンB1が不足すると

眼精疲労、視神経萎縮、視神経炎を起こす。

 

 

ビタミンB2が不足すると

不足すると口角炎や角膜炎になる。

 

 

スポンサードリンク